社会福祉協議会とは、地域福祉の推進を図ることを目的に活動し、民間の福祉活動を総合的に推進する公共性・公益性の高い民間の非営利団体です。
 地域の住民、ボランティアや福祉・保健等の関係者の参加・協力を得て、行政やさまざまな関係機関・団体との連携をもとに住民が安心して暮せる福祉コミュニティづくりの活動をすすめています。
 なお、社会福祉協議会は日常的に「社協」とよばれています。
 

市町村に設置された社協は、地域の住民、組織と社会福祉、保健・医療・教育等の関連分野の関係者、さらに、地域社会を形成する他のさまざまな専門家・団体・機関によって構成されています。行政、民間企業やNPO法人などを含めた福祉関連事業者、ボランティア団体や民生委員などの地域活動者、生協・農協など幅広い構成メンバーをもつ組織として、民間組織としての「自主性」とともに広く住民や社会福祉関係者に支えられた「公共性」を持っています。
 

地域住民、福祉活動をすすめる者が相互協力し、福祉サービスを必要とする地域住民の自立生活の支援と社会参加等が図られるよう、地域福祉の推進に努めています。住民が抱えているさまざまな生活上の諸問題を地域全体の問題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、協力して解決を図る「福祉のまちづくり」をめざして活動しています。


住民の福祉活動の場づくり、仲間づくりなどの援助や、社会福祉に関わる公私の関係者・団体・機関との連携、具体的な福祉サービスの企画、実施などを行います。


社協は、すべての都道府県、市区町村に組織されています。また全国の市区町村、都道府県・指定都市および全国といった各段階・区域ごとに設置された組織をもっており、そのネットワークを活かしたさまざまな活動を展開しています。各社協は社会福祉法人として独立した組織として運営されていますが、一方で、全国・都道府県の社協は連合体機能があり、組織的連携をもっています。