コンプライアンス宣言


【徳島県社会福祉協議会 基本理念】
 
  徳島県民一人ひとりが、お互いに支え合いながら身近な地域でその人らしく、
安心して生き生きと暮らせる福祉社会の実現を目指して、徳島県社協の機能
強化と役割の発揮に努める。

【コンプライアンス宣言】
 私たちは、地域の社会福祉に貢献することを使命として、県民の信頼に応え
られる法人となるべく、コンプライアンス(法令や社会規範等の遵守)徹底を最
優先課題として認識し、すべての活動の基本に置くことを宣言します。

 1 コンプライアンスとは

    コンプライアンスは、一般的に「法令遵守」と訳されますが、徳島県社協に
おいては、職員一人ひとりが個人の自覚と意識に基づき、 「法令や社会規範、
ルール、マナーを遵守するとともに、公正・誠実 に職務を遂行することによって、
県民の皆さんの信頼に応えていくこ とをいいます。
      
2 コンプライアンス向上の目的
  
     私たちの仕事は、県民及び地域の社会福祉関係者の信頼によって成り
立っていることから、職員一人ひとりが繰り返しコンプライア ンスの向上に取り組み、
県民の信頼を損なうような事案の発生を根絶し、「誠実な職員が働く、信頼できる
組織」になることを目的とします。
      
3 コンプライアンス行動指針の位置づけ
  
   行動指針は、職員として公私にわたりとるべき行動の指針について、共通事項を
定めたものです。
    日常業務を遂行する中で、コンプライアンスの観点から判断に迷 う時や疑義が
生じた時は、思い込みや勝手な判断をせず行動指針に従うとともに、上司等に
相談しましょう。
  上司は、すみやかに組織として問題の解決に取り組みましょう。
    コンプライアンスに関する職員の疑問や相談に対しては、組織と して的確に
対応し、判断や意思形成を行わなければなりません。
   なお、この行動指針については、今後、新たな課題に対応するため適宜、見直して
いくこととします。

【コンプライアンス行動指針】
   
   1  法令・社会規範の遵守
         私たちは、あらゆる法令や社会規範を遵守し行動します。


    2  働きやすい職場づくり
         私たちは、お互いの人権を尊重し、お互いに協力し合い、良好な
   コミュニケーションのもと連携・協働できる職場環境をつくります。


    3  資質向上への取組み
          私たちは、福祉職としての資質向上に努め、それぞれが自己研鑽を
       通じて人間性の向上に取り組みます。   


    4  関係機関との協働
         私たちは、法人の特性を生かし、関係機関と協働し課題解決に
    取り組みます。

 
   5  良質なサービスの提供
           私たちは、県民からのご意見やご要望に対して誠実に対応を行い、
    状況等の説明責任を果たすことにより、サービスの提供に努めます。
      
    6  情報の適正な取り扱い
           私たちは、職務上知り得た情報の重さを認識し適正な取 り扱いをします。

               
                               平成27年9月
                                            社会福祉法人徳島県社会福祉協議会